水虫は感染経路を絶つことが重要

水虫に感染した場合でも、正しい治療を行うことで水虫は治癒することができます。ですが、治ったと思っていたのに、すぐにまた感染してしまったという事態が起こることは珍しくありません。こういったことを防ぐためには、治療を行っている最中から二次感染に注意し、再発の予防を心がけることが大切です。

まず、水虫の主な感染経路として、公共の大浴場やプールの更衣室などにある足ふきマットが挙げられます。こういった場所は湿度が高く、水虫の原因菌となる白癬菌が繁殖しやすいです。

そしてもし仮に水虫の人がこういったマットの上を歩いた場合、白癬菌はマットに付着します。そうなると、次に水虫ではない人がマットの上を歩いた場合、今度はその人の足に白癬菌が付着し、水虫が発症するきっかけとなります。

そのため、そもそも水虫の発症を防止するためにはこのような共有のマットを使用しないことが大切ですし、もし仮に使用した場合は、足をよく洗う必要があります。

さらに、その他の感染経路として、水虫の人が着用した靴を履くことが挙げられます。中々他人と靴を共有することはないかもしれませんが、以前水虫に罹患していて、治療して治った後に当時水虫に罹患していたときの靴を履くと、水虫が再発してしまう可能性があります。

こういったことを予防するためには、靴を捨てる必要はありませんが、しっかりと殺菌することが大切です。おすすめはつけ置き洗いで、洗剤を溶かした水に靴をつけておき、その後すすいでからよく乾燥させると良いです。

また、女性の場合冬場はブーツを履くことが多いかもしれませんが、ブーツは蒸れやすく、水虫が好む高温多湿の環境になりやすいです。

そのため、たとえ公共のマットを使用しないように気をつけていたとしても、同じブーツを履き続けることで白癬菌が繁殖するきっかけを与えてしまい、水虫が再発することにも繋がるため、二日以上同じブーツは履かないなど注意する必要があります。

一日一回足を洗い流せば水虫に感染しない

水虫を予防するためには、何より足を清潔に保つことが大切です。そのため、最低一日一回はお風呂場で足を洗うと良いです。最低でも一日一回足を洗うことで、水虫の感染を予防することができます。

洗い方としてはまずお湯できれいに足を洗ってから、薬用石鹸などを使用してさらにきれいに洗うようにすると効果的です。その際には足をゴシゴシと擦ってはいけません。優しく、撫でるように洗うようにすると良いです。

そしてナイロン製のタオルなどを使用するのではなく、タオルや指で丁寧に洗うようにすると良いです。そしてよく洗った後は清潔なタオルで丁寧に拭いてから乾燥させることが大切です。そして乾燥させた後はそのまま素足でいるのではなく、清潔な靴下を履くと良いです。

そして特に、公共の浴場やプールを利用した後は自宅に帰ってからお風呂場で念入りに足を洗うと良いです。時間の目安は、公共の浴場などに行ってから24時間以内です。

せっかく大浴場で体をきれいに洗ったのに、再度自宅で足を洗うことを面倒に感じる人もいるかもしれませんが、いくら自分で気をつけていたつもりでも、白癬菌が足に付着している可能性があります。

また、家族内で水虫に感染している人がいる場合は、マットやタオルを使い分ける必要があります。バスマットは雑菌が繁殖しやすいため、いくら足をきれいに洗った後でも気は抜けません。常にバスマットは清潔に保つことを意識するようにすると良いです。

また、薬用石鹸を使用してはいけない場合もあります。それは水虫の症状がひどく、患部が炎症を起こしている場合です。この場合は患部が水に触れるだけでも染みて痛いことが多く、無理に洗い流さないようにすることが大切です。