水虫の治療にカテキンは効かない!?

水虫は皮膚の角質層で白癬菌が増殖し、痒みやただれなどが引き起こされた状態のことを言います。水虫の治療は長期間かかることが通常で、数カ月間薬を患部に塗り続ける必要があります。また、白癬菌が爪と皮膚の間に入ると、爪が水虫になってしまいます。この状態になると、治療はさらに困難になり、塗り薬では完治しなくなります。爪は非常に硬いので、塗り薬の成分が患部まで届きません。爪の水虫を治すためには、数カ月から1年の間、水虫用の飲み薬を服用し続ける必要があります。

このように、水虫になってしまった場合、原因となっている白癬菌を追い出すためには、長期間の治療が必要になります。塗り薬も飲み薬も、長期間使い続けていると、費用の負担が大きくなってきます。また、副作用もあり、特に飲み薬の場合は、吐き気などが出る場合があります。このような長期間の治療や、それに関係する副作用を嫌う人は、意外に多くいます。

さらに、水虫の治療は完全に白癬菌がいなくなるまで続ける必要があります。途中で薬をやめてしまうと、再び白癬菌が増殖し、症状が再発します。症状が再発した場合、薬が効いていなかったと勘違いする場合があり、再び医療機関を訪れることを嫌がる人もいます。

また、水虫は人にうつるものでもあり、水虫になってしまったということは、あまり社会的に好まれることではありません。悪い評判が立つことを嫌がり、医療機関での治療や、ドラッグストアで薬を買うことを、ためらう人も多くいます。実際には、医療機関で治療を受けても、症状が知れ渡ることはありませんが、あまり理解されていません。

このように、水虫になっても、医療機関で診察を受けたり、薬を買うことをしない人はいます。また、水虫に対しては、多くの民間療法があり、治療が進まない原因の1つになっています。

民間療法にはいくつかありますが、緑茶を使う方法はよく知られており、インターネット上でも情報は配信されています。

カテキンが水虫に効く医学的根拠はないので注意!

緑茶で水虫を治せるとされている方法は、主に2つあります。緑茶の出がらしを患部に巻く方法と、緑茶で足湯をする方法です。どちらも初期の水虫なら効果があるとされており、インターネット上でも情報が配信されています。

しかし、実際に緑茶で水虫を治すことができるという、医学的根拠はまったくありません。緑茶の抽出成分であるカテキンには殺菌効果があり、それが白癬菌を減らす効果があると言われています。たしかに、カテキンには殺菌効果がありますが、白癬菌は皮膚の角質層という、深いところで増殖をしているので、カテキンが患部に浸透する保証はありません。

また、緑茶の抽出成分であるカテキンが、白癬菌を減らす効果があるという研究結果はありますが、水虫を治すことができるかどうかといったことは、まったく別の問題です。また、緑茶で足湯をする場合、患部を長時間濡れた状態で置いておく必要があります。白癬菌は高温多湿を好むので、患部を長時間濡らしておいたなら、かえって症状が悪化する危険性すらあります。

緑茶の足湯で実際に水虫が治った、という意見も多くあります。しかし、人によって水虫の進行状況や、患部の状態は大きく変わります。また、実際に緑茶のカテキンによる効果で、水虫が治ったのかどうかは、誰にも分かりません。個別の事例では、医学的根拠にはならないので、注意が必要です。

水虫の民間療法には様々なものがあり、緑茶の抽出成分であるカテキンを利用する方法は、その一例です。初期の水虫なら効果があるとしている事例は多いですが、医学的な根拠はまったくありません。治療をする際には、医学的根拠がない民間医療に頼るのではなく、適切な治療を受けることが必要です。