水虫に温泉を使った治療方法は有効ではない!?

温泉
温泉で患部の治療を行う湯治というのがあります。温泉の成分によって患部の痛みといった症状を和らげられるので、昔より湯治として利用されている温泉が全国各地に点在しています。
この患部の治療として水虫治療を目的とした温泉があります。水虫に効く温泉の泉質は、酸性泉や酸性硫黄泉、硫化水素泉で、強酸性の温泉です。強酸性の泉質は、水虫の白癬菌に有効で、白癬菌を死滅させるといわれています。

全国各地にある強酸性の温泉ですが、とても有名なのは草津温泉です。草津温泉の多くは源泉を使いますが、温度が高く、湯もみをして利用しています。この湯もみも有名で、歌を歌いながら湯もみをして温泉の温度を下げています。なぜ湯もみをして温度を下げるのかというと、水を足したりすればせっかくの強い酸性が薄まり、効果が少なくなるからです。なので、源泉をそのまま使い治療に役立つというわけです。

この強酸性の温泉は殺菌能力に優れているので、皮膚疾患のある場合にも有効だとされています。
温泉の温かいお湯で皮膚をふやかせてめくれやすくして、その部分に硫黄泉といった泉質の成分を皮膚に取り込み、皮膚疾患の原因の細胞を死滅させます。
1回だけの入浴では効果があらわれないので、何度も定期的に入浴します。長期的に硫黄泉などに入って治療をすることで完治します。

多くの人が定期的に入浴する治療目的の湯治は民間療法としても使われています。温泉成分を取り出して治療目的で市販されていることもあります。特に酸性硫黄泉の泉質は民間療法でも多く使われており、手軽に行えるので長期的に使用し続けられ、そして完治したという実例もあります。
強酸性のお湯なので、皮膚の弱い人が入るととてもピリピリとした感じになります。患部が足だけというのであれば、足湯だけで充分なので足湯だけで済ませたほうが全身への負担が軽減されます。
白癬菌は熱にも弱いので、熱いお湯に長時間浸しておくだけでも有効です。ですが、中には水虫がひどくなったという声も時折あります。

大衆浴場は水虫の感染リスクが高まるので注意

水虫を治す目的で温泉に入ったのに、逆に感染されてひどくなったとか、違う所にできてしまったという人もいることでしょう。それは、大衆浴場ならではの問題点でもあります。
強酸性の温泉に入って足の白癬菌が死滅することもありますが、脱衣場ではお風呂に入る前の人も多くいます。脱衣場はこまめに掃除やマットの交換をしてくれていますが、白癬菌は目に見えないのでどこを歩いていいのかわかりません。脱衣場に入る前に共有マットの使用はさけると水虫の感染が防げます。

それでも脱衣場の床にいる白癬菌が気になる場合、自分専用の布製のスリッパを用意するといいです。
浴室に入るときにタオルを持ち込みますが、その時に一緒に持ち込みます。濡れないようにビニールか何かで覆います。体を洗っているときや入浴中も濡れないような場所に置いたりして、ほかの入浴者の邪魔にならないような場所に置いておきます。
入浴を終えたら、脱衣場に行くときに持参したスリッパを履いて白癬菌に感染しないようにできます。そのスリッパは自分専用として普段から使うこともできるので、自宅での入浴後、家族と一緒のマットを使わずにスリッパを使用して感染予防をするのも良いでしょう。

布製のスリッパとしたのは、汚れても洗濯ができますし、濡れた足の裏の水分を吸収する事もできるからです。
使用後のスリッパは必ずしっかりと乾燥させます。乾燥しないままでいると、白癬菌は湿気の多いところを好むので、せっかく感染予防をしていても、そのスリッパに白癬菌が住み着き、足の裏についてしまえば感染してしまうからです。自分の足だけをきれいに保っていても、周囲のあちらこちらに白癬菌が滞在できるような場所があれば予防の意味がありません。